•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    入学当初、水川は坂本のクラスの担任だった。しかし、坂本は勉強ができず、毎年「留年」を繰り返していた。水川は彼に個人指導をしなければならなかったが、無駄だった。そして二人の間には誰にも言えない秘密があった。坂本は大きくて強くて硬いチンポを持っており、水川はそのことを思わずにはいられません。性欲が強すぎて坂本に何度も犯される。教室でも、トイレでも、自宅でも…水川はいつも坂本の精子を搾り取りたい、子宮を精子で満たしてほしいと願っている。卒業試験の直前になっても、水川はまだ彼のことを許さず、精子を全部自分の中に射精して欲しいと願っていた。そして、坂本のすべての知識は、水川のアソコに精子が流れ込み、彼をさらに「留年」させました... 新学期が到来し、坂本は担任の水川と再会し、彼の「ハード」な学校の始まりを告げました。年...